無料
0から始めるCFD投資術 世界の株価指数、株、商品に24時間手軽に投資 高レバレッジとショートも楽しむ ★★★☆☆ 『[失敗しないFX]知ってるつもり?ボリンジャー・バンドの2つのシグナル』

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

★★★☆☆ 『[失敗しないFX]知ってるつもり?ボリンジャー・バンドの2つのシグナル』 

★★★☆☆ 『[失敗しないFX]知ってるつもり?
        ボリンジャー・バンドの2つのシグナル』
http://s-ter.net/kame/c/01454.html

(対象)

ボリンジャーバンドの特性を理解して、投資判断に役立てたい人

(ページ数)

11 ページ

(著者)

長井 秀行 さん

(亀吉書評)

ボリンジャーバンドについて定義、標準偏差の計算方法から特性までを

まとめて述べた非常に良いレポートです。

(亀吉の補足)

このレポートでも説明していますが、
ボリンジャーバンドで述べるσは

「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%
「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

を意味して、それぞれσを超えたらいずれは元に戻る可能性が高い

ことを示唆していますが、2008年のFX相場変動のように

トレンドが変わる瞬間は、2σ レンジの上限を超えることが

かなりよくありますね、、

使う人の相場観によってボリンジャーバンドから読み取ることが

大きく異なると思います。

(本レポートのダウンロード先)
★★★☆☆ 『[失敗しないFX]知ってるつもり?
        ボリンジャー・バンドの2つのシグナル』
http://s-ter.net/kame/c/01455.html
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://cfd2008.blog43.fc2.com/tb.php/288-fab55e36

発達障害は、成長における発達の偏りでありますが、その原因は「生まれつき」のものであり、親のしつけや家庭環境が原因ではありません。 しかし、発達障害は、医学的には治らないものとされています。 でも、そんな発達障害を上手に乗り越えていく方法だってあるのです...
メールマガジン登録解除
プロフィール

山田亀吉

Author:山田亀吉
今はない大手証券会社商品部など金融機関に20年近く勤務しました。現在は趣味の人、健康第一!デリバティブ、株、不動産 値動きのあるものは大好きです。

亀吉宛メールはこちら(SSL対応)

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。